レッスンの内容

楽典、和声法、ソルフェージュ、楽曲分析のレッスンを行っています。
「ソルフェージュと楽曲分析」など、いくつかを組み合わせたり、ローテーションを組んだりすることも可能です。ご希望に沿ってレッスンを構成致します。

ソルフェージュ、大人のソルフェージュ

ソルフェージュの勉強は、大人になってからでも遅くありません。大変役に立ちます。
ソルフェージュを勉強すると、耳で聞いて覚える音楽から、自分で理解し表現できる音楽へと
変わっていくことが実感できます。

読譜やリズム、視唱の練習、そして聴音を取り入れながら、
感覚を磨き、理論的に音楽を学んでいきます。

初めてでも大丈夫です。繰り返し丁寧にご指導致します。

また頭に浮かんだ旋律を楽譜に書き留めておきたい。伴奏もつけてみたい。
 音楽理論を基礎から学んでみたい。
 作曲家についてもっと詳しく知りたい。調べる方法を知りたい。

など、ひとりひとりのご希望に沿ったレッスン内容をご提案し、無理なく丁寧に進めています。

 

視唱の使用テキスト(例)

 
 

 

楽典・和声法

楽典と和声法のレッスンは、主に以下の教材を使っています。将来的に分析のレッスンを希望される方には、準備として、テキスト以外に、和声分析や調性判定のための練習を行います。

楽曲分析

ひとりで分析ができるようになりたい方のためのレッスンです

楽曲分析に必要な音楽理論を少しずつ勉強し、実践を試みます。
形式の変遷や歴史的な背景にも触れていきます。

これまでの音楽体験、好きな作曲家、憧れの曲などをお伺いし、

ご関心に沿うよう、レッスンを構成します。

楽典の学習を終えられた方、あるいは和声法をある程度学ばれた方から受講できます。
(学習の進度により、すぐにご希望の作品の分析に入れない場合もあります。
あらかじめご了承ください)

 レッスンでは、実際に(講師が)ピアノを弾きながら、詳しく説明し、時には一緒に考えながら分析を進めて行きます。教材にする作品は一人ひとり異なります。ご負担のない程度の課題を出すこともあります。

 単に和声や形式を分析し、楽譜に書き込んで終わりにするのではなく、そこから作品の魅力を改めて味わい、作曲家の様式を読み取ることができるように心がけています。